十年一昔。

十年一昔という言葉がありますが、今年は東日本大震災から十年の年であります。節目の年であるとも言われますが、被災地に住む方々の思いは、十年の日々が何かを変えたわけではなく、気が付いたら十年経っていたと思うのが正直なところではないでしょうか。思い起こすことも忌まわしい記憶を胸の奥にしまい込みながら言葉や声にすることもできない様々な思いを抱えながら過ごしてきた十年あります。忘れてしまいたい記憶や思い出したくない出来事に日々向き合いながら無情にも日々は過ぎてきました。

禅語に【日日無事(にちにちぶじ)】という言葉があります。この言葉の意味は、何事もない日常は飽きもし、退屈かもしれません。しかし、いったん事が起き、病気だ事故だ災害だという非日常の生活の世界に入ってはじめて、無事のありがたさが分かります。今健康であるときに毎日を無事に生きている事に感謝をして過ごして頂きたいと思います。後悔のない日々を過ごすことを肝に銘じましょう。

皆様の一日一日がかけがえのない一日であることをお祈り申し上げます。

令和四年も笑顔でお墓参りし、新年のスタートをきってほしいと願います。

Post navigation